スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日からできる角質ケア
前回足裏に出来る「角質」は、
体の臓器や器官のSOSというお話しをしました。
その上で、足のメッセージの
読み取り方をお伝えしました。
みなさんは、どのあたりに角質がたまっていましたか?
角質のある辺りに、ご自身の自覚症状はありましたか?

足裏からのメッセージをしっかりと
受け取ったら、角質ケアをしましょう。
といっても、難しいことは何もありません。
要は、角質を落として、足裏をキレイにするだけのこと。
ただし、角質をそぎ落としすぎたら逆効果。
ちょっとしたコツを覚えて、正しい角質ケアをしましょう。

<角質のお手入れポイント♪>
入浴前の「乾燥した足」で行ないます!
乾燥した足で行なうことで、削りすぎが防げます。

<お手入れ7カ条>
1.入浴前の、乾燥している状態で、
  足裏専用のやすりをかけます。

2.やすりを少しお湯で濡らしましょう。
0120ashi01.jpg
やすりを水で濡らしておくと、
角質の粉が飛び散らずにクリーム状の
ダマになるので、捨てるのに便利。

3.一方向に向けてやすりをかけます。
0120ashi02.jpg0120ashi05.jpg


4.一日に全部取りきるのではなく、
  痛みが出ない範囲で行いましょう。

5.入浴中は石けんでよく洗います。
0120ashi03.jpg

6.爪の間にも古い角質がたまっているので、
  ブラシでよく落としましょう。

7.最後は、乳液をマッサージしながらすり込みましょう。
0120ashi04.jpg
お風呂に入ったら石けんで足裏をよく洗い、
上がったら、クリームや乳液でマッサージ。
マッサージ方法は改めて紹介して行きますね。


角質ケアはできれば毎日やりたいところ。
角質がなければ、洗うだけでOK。
とにかく毎日足裏を見ることが大切です。

そして、足裏になんらかの不調のサインがあれば、
角質ケアだけでなく、そのほかの
要素もきちんと考えて行なうことも忘れずに。
肩凝りがひどい時は、首肩の運動不足や、
動かさなさすぎかもしれませんし、
血流が悪いときには、体が固くなっているので、
ストレッチなども同時に行うことが大切です。

足裏だけで解決したいけれど、より早道は、
食事や運動と併用していくこと!
真の内面美人を目指しましょう。
Copyright © 2006 nakayoku002 All Rights Reserved
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。