スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足の匂いで体の不調がわかります
寒さがぶり返しては和らぐの繰り返しで
体調を崩されたりしていませんか?
桜も咲いて気分は春ですから、
冬のブーツを脱ぎ捨て、
そろそろパンプスやミュールに履き替え始めている
人も多いのではないでしょうか。

ブーツのときって、
足のムレや匂いが気になっていた方も
多くいらっしゃったのではないですか?

「ブーツだから・・・」と自分に言い訳して
見逃していませんでしたか?

足の汗のかき方や、匂いも
実はリフレクソロジストにとって
重要なクライアント情報になるのです。

匂いは靴の脱ぎたてではなく、
少なくとも10分以上たってから確認するのが
ポイントです。
それに、足に鼻を近づきすぎてもダメですよ!
あまりの匂いに、うぅっ~!と涙が浮かんでしまうことも
あるかもしれませんので……。
せめて20cmくらい離して、
クンクンと嗅いで確認してみてください。

その時点で、湿り気や匂いがあるときは、
心身のアンバランスサインと考えましょう!

今回はまず匂いの解説からです。
下の図を見てくださいね。
匂いと症状の関係です。

<匂いと症状>
0414asiura.jpg
こんな変な匂いばかり、あるワケないだろう!
思われる方も多いかもしれませんが
特に多いのは、「酸っぱい匂い」と
「ゴムの焼け焦げた匂い」。
それに「便の匂い(乾いた感じの犬のウ○○に似た)」。
これらが混ざっているような匂いも多いんです。

ワインのソムリエならぬ、足のソムリエ?
という気分で、チョッと辛いですが、
まずはご自身の足、そして身近な方の足、
確かめてみてくださいな。
Copyright © 2006 nakayoku002 All Rights Reserved
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。