スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の痛んだ足の肌は、お手入れが必要です!
最近、テレビでは、
やたらと夏の日差しで受けた
ダメージ肌のケアを特集しています。

そこで、皆さんに忘れてほしくないのが
もちろん足のケア。

足のスペシャルケアも、
ぜひとも行ってみてくださいね。

足の指の甲側などは予想以上に日焼けしています。
爪の表面も薄いたんぱく質の皮膜が、
厚くなっています。
爪と指の間や、
爪の際などのカスなどもきちんと
取っておかないと、
ニオイの原因になります。

もう街ではブーツが出てきています。
こんな足のまま、ブーツに履き替えたら
汚く、臭い足は決定です!!!
ぜひともスペシャルケアで、
たまった夏の疲れをクリアしましょう。

足浴中


足のスペシャルケア法

<しっかり足浴>お風呂場で行うのがベスト!
1)洗面器に張ったお湯の中に、
  少しエタノールと柑橘系(オレンジやレモン)の精油
  を加えて3~5分ほど足を浸けます。

2)次に、自分の指の腹を使って、足の隅々をこすります。
  指の間や、指の甲、くるぶし周りなど
  垢がとれるのは、足裏よりも足の甲だったりします。

<歯ブラシでよく磨く>

3)爪の中や爪の際などの垢をしっかり落として下さい。
  指の甲のシワの中もしっかり洗います。

3)洗面器のお湯を捨てて、足を洗い流します。

<お手製スクラブ剤角質ケア>
4)ハチミツ大さじ1に塩小さじ1/2を
  加えただけのスクラブ剤を用意して
  気になる部分に軽くスクラブをかけていきましょう。
  踵や土踏まず、指の甲、膝にも有効です。

<ゆっくり足浴>
5)新たに洗面器にお湯をはり
  重曹とスキムミルク各小さじ山盛り1、ウォッカ大さじ1を混ぜた
  入浴剤を入れ、ゆっくり足浴
  ※好みの温度で。
  (なければ、ハーブティや緑茶の茶がらでもOK)

6)普段お顔に付けている、化粧水などをコットンや
  ティッシュに付けて足の甲と足裏をパックします。
  この時、爪は表面をガーゼなどで
  しっかり擦って爪の上の肥厚したイラナイ角質を
  除去してからパックして下さい。

これで足も生き返るはずです。

顔だけでも大変かもしれませんが、
ぜひともこの季節、
足にもゆっくり時間かけてあげて下さいね。
お手入れ時間がそのまま、
足裏マッサージの時間ですから
全身のケアとしても有効ですよ!

足浴セット
<足のスペシャルケア・用意するもの>
(足浴)洗面器・お湯・エタノール(消毒薬)・アロマの精油(オレンジやレモンなど柑橘系のもの)
(磨き)歯ブラシ
(スクラブ)ハチミツ・塩
(足浴)重曹・スキムミルク・ウオッカ(なければ、ハーブティか緑茶の茶がら)
(パック)いつも使ってる化粧水、ガーゼ、ティッシュ
足のほてり対策第2弾は、頭を刺激!?
先週に続いて、足のほてりについてお話ししましょう。
0714ashiura1.jpg
前回紹介した足のほてり取りグッズ

聞いてみると結構いるんですよね。
冷え性の人からすると
「うらやまし~!」って100%いわれますが、
ネットなどで検索すると
ブログに、イライラして爆発しそう!とか、
死んでしまいたい!
と恐ろしいほど深刻な発言まで出ています。

じゃあ原因は?というと、
ホルモン説
運動不足及び筋力低下説
血行不良及び、血行障害説
冷え説
自律神経説
内分泌疾患説
ストレス説
不摂生な生活説
………
本当にいろいろな説があります。

私自身と私の見てきた患者さんの例から考えると、
忙しく頭を働かせる癖のある人で、
若いころは運動が得意で筋肉がしっかりあったが、
最近運動していない人、に多いように思います。

栄養の偏りや不摂生がいわれていますが、
きちんとしている方でもほてりがあります。
また、たくさん歩いてほてっている人もいて、
その場合はただ歩いているだけでは
足のポンプ作用につながる筋肉が
形成されづらいのかなと感じます。
これらから考えると、
筋力低下と自律神経の説が当てはまるのでは
ないかと思い、鍼灸師でもある主人に知恵を拝借したら

「陰虚」だからだよ、とのこと。

「陰虚」とは、陰虚内熱(虚熱)といい、
体力は消耗しているが、
自律神経の興奮や精神の高ぶりのある状態。
そのために倦怠感はあるにもかかわらず、
気が高ぶって眠れず、
体のほてり、手足のほてり、微熱、寝汗、
イライラして落ち着かないなどがみられます。

原因は、寝不足、不摂生、加齢、考えすぎ、
などが挙げられるとのこと。

じゃあ対策は?と問うと
はいコレ、と渡されたつまようじの束
0728ashiura2.jpg
※つまようじ10~15本を輪ゴムで束ねただけ!

これでポンポンと百会を刺激するといいよ!といいます。
全身の経絡が交るところが「百会」。
そこを刺激すると全身の経絡の気の流れが良くなるので、
バランスが取り戻せ、ほてりもとれるというのです。
で、ポンポン♪ 
0728ashiura3.jpg
「ん?ん?…なんか楽かも♪」
何だか、ガス抜きのイメージですね。
ちなみに、足に降りてしまった「気」を
足から抜いてしまうと却ってエネルギー不足になるので、
頭や全体に引き戻してあげるのに有効だとか。

簡単すぎる健康グッズですが、
なんだか気にいってしまい、
机の引き出しやかばんの中に忍ばせて、
時々ポンポンしています。

でも足には、やっぱり保冷剤(^_^;)
信用してない訳じゃないんだけど。
今日はハンカチで巻き付けバージョンです。
0728ashiura1.jpg
でも、つまようじポンポンと組み合わせてみると、
イライラが減り、少し保冷剤の交換回数が
減った様な気がしています。

夏の夜の足のほてり対策、その1
みなさんの中で
足のほてりで悩んでいる人はいませんか?

足でのお悩みの中に夏限定の
症状があるのですが、それが
「足がほてって眠れない!!」
というもの。

先日もセミナーで10人中3人に
この症状がありました。
深刻な方は本当に眠れなくて泣きそうです…と。
クリニックにも、一晩中足が冷たい所を
求めてシーツの上を移動しているため、
朝になると足がグッタリしてしまう、
という悩みで来院される方もいらっしゃいます。
そして何を隠そう私自身がそうなんです(お恥ずかしい

この対策にとリフレをすると
かえって血行が良くなってしまいNG!
アロマでペパーミントなどを
混ぜたジェルなどを塗っても
最初はいいのですがすぐに、
ポカポカしてきてしまいます。

なので、対処法は、小さな保冷剤を
ハンカチでくるんでそのまま足裏の土踏まずに
巻きつけて眠るのです。

とりあえず、眠りに入ることはできます。
でもすぐに溶けてしまうので
目が覚めると夜中に冷蔵庫を開け、
ゴソゴソと保冷剤の交換をします(--〆)

0714ashiura1.jpg
そして、ほかにいい方法はない物かと考えていたところに
見つけたのがコレ。
足用のアイスバックホルダーです!

実は昨年から見つけていたので、
いくつか集めているうちに
ヒツジのほかに、猫・カエル・ハート・リボン…と
集まって毎晩どれにしようかな~♪と楽しく悩んでいます。
0714asiura3.jpg

0714ashiura2.jpg
保冷剤に歩かないでと書いてあるのが
何だか笑えますよね(^^)

これで、少しはほてりのイライラも解消されますよ。
Copyright © 2006 nakayoku002 All Rights Reserved
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。